宿題は本当に必要? 子供に必要なのは「遊ぶこと」だと思う理由。

2018年9月26日


こんにちは「なおはる」です。

先日、これからの教師に求められる能力とは?というタイトルの記事を投稿しました。

まだ読んでない方、ぜひ!→これからの教師に求められる能力とは?

この記事の中で、フィンランドの教育について触れました。

ここではその中で、「宿題が無い」ということに注目したいと思います。

 

宿題が無いということは、子供たちにとっては遊ぶ時間が増えることに繋がります。

もちろん現代において、遊ぶ場所がないから遊ぶ時間が無いということはあると思います。

が、ここでは、宿題や習い事があるから遊ぶ時間が無いという前提で話したいと思います!

 

どうして「遊び」が大切なの?

子供たちの遊ぶ時間は年々減少しています。

外で元気に遊びまわる子供の姿を見かけることもめっきり少なくなりました。

また、見かけたと思ったら外でゲームをしているなんてこともありますよね。

しかし子供たちにとって「遊び」は重要なことで、例えば体を動かして遊ぶことで体力・運動能力が向上し、たくさんの友達と遊ぶことでコミュニケーション能力や協調性を養うことも可能です。

 

例えば、幼児教育の世界では「砂場には人生のすべてがつまっている」と言われています。

「砂」という素材から「山」や「トンネル」や「城」をつくるために、子供たち同士で意見を出し合いながら協力します。

時には意見がぶつかることもあるでしょう。

しかし、自分の意見と周りの意見の折り合いをつけ、子供達は一つの作品を作り上げます。

これって仕事の仕方と似ていると思いませんか?

普通の人から見たら「ただの砂場遊び」かもしれませんが、

教育に関わる者から見たら砂場遊びは「最高の学びの場」なんですよ。

 

このことは砂場遊びのみに言えることではありません。

子供の頃やりませんでしたか? 「秘密基地つくり」

「秘密基地つくり」で学べることはすごいですよ(笑)

だって「ただの木」や「段ボール」「ガラクタ」が基地になるんですよ!?

ちゃんとした基地を作るために子供達は一生懸命素材の特徴を探すことでしょう。

「素材の特徴を生かして何かを作り上げる力」が育ちます。

ほら、この力って仕事でも生かされると思いませんか?

 

こんな風に、「ただの遊び」に見えるかもしれませんが、「遊び」って

将来仕事をして生き抜いていくために必要な力の基礎を学ぶ大切な行為なんですよ。

 

元ネタを載せておきますね。

学校で何時間も勉強しているのに、宿題なんてやる必要ありますか?

塾に行って夜遅くまで勉強することって遊ぶことよりも大事なことですか?

 

僕は、日本の学校でも宿題なんてなくなればいいのにと思っています(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

FavoriteLoadingAdd to favorites