おすすめ!お金がかからなくて飼いやすい「アクアリウム」の方法

2018年6月18日


こんにちは「なおはる」です。

今日は初めてアクアリウムネタでブログ更新します!!

ってことで早速紹介していきましょう(^^♪

 

アクアリウムってお金がかかる?

アクアリウムってお金がかかるイメージありませんか??

確かに、ペットショップに行くと「なんでこんなのがこんなに高いの!?」なんて驚かれる値段の生き物も多いです。

そのほかにも、水槽代が~とか、ヒーター代が~とか、電気代が~とか調べれば調べるほどお金がたくさんかかるイメージが付きまといますよね。

確かに生体によっては初期費用やランニングコストが掛かることもあります。

 

でも!今日は、お金をかけずにアクアリウムを楽しむ方法を紹介したいと思います!

簡単にできる「ボトルアクアリウム」の紹介

「ボトルアクアリウム」って聞いたこと、見たことありますか?

こんなやつです。

f:id:education-aqua:20180528230307j:plain
手作りボトルアクアリウム

これは素人の手作りなので、「おぉ~!」とはなりませんが(笑)

慣れてくるととても綺麗に作ることが出来ます。

ボトルアクアリウムって実は、

「電気代がかからない」「水替えがいらない」「初期費用が安い」の3つがそろったアクアリウム初心者には始めやすいやり方なんですよ~

作り方はこちらを参考にしてみてください。

 

飼いやすい生体

ボトルアクアリウムのデメリットは、水が循環しにくい水質に敏感な生体は飼うことが難しいという点です。

そこで、水質にうるさくなく丈夫で飼いやすい生体を紹介します!

 アカヒレ

ボトルアクアリウムといったら「アカヒレ」というくらい丈夫な魚です。

水温にもうるさくなく、餌さえちゃんとあげていれば育ってくれます。

値段もお手頃なのも嬉しい♪

メダカ

メダカは個人的に一番おすすめです。

最近は品種改良が進んでいてとても豊富な種類から自分好みの色や柄を選ぶことができます。

※メダカは種類によって値段がピンキリです。一番安いヒメダカで1匹30円~、高い品種で1匹2000円~なんて値段の強者もいます(;’∀’)

メダカの品種まとめも今度作りますね♪

また、オスメス一緒に飼う→卵を産む→孵る→稚魚→成魚というようなサイクルが比較的短期間で見ることが出来るということもおすすめのポイントです!←一番のおすすめポイント!!

 

いかがでしたか?

ボトルアクアリウムはとても管理がしやすくて綺麗なミニ水族館です。

お魚だけではなくてエビや貝類なんかを入れてみても面白いかもしれませんね!

ちなみに我が家では、一つのボトルにメダカ2匹+ミナミヌマエビ2匹+レッドラムズホーン1匹が仲良く暮らしています(笑)

よければやってみてください♪

FavoriteLoadingAdd to favorites